タマゴサミンを皇潤と比較―どこが違う?

グルコサミンや皇潤との比較

iHA配合の関節痛対策サプリメントには、タマゴサミンの他にも皇潤があります。

 

販売元は株式会社エバーライフで、テレビのCMなどで見かけることも多いかと思います。

 

では、この

 

皇潤とタマゴサミンの違い

 

は何なのでしょうか?

 

ここでは両方のサプリメントそれぞれの特徴を解説します。

 

どちらを選ぼうか迷っておいでの方は、ぜひとも参考にしてみてください。

 

はじめに

 

成分の違いからチェック

 

していきます。

 

両方に共通のiHA以外で関節痛対策に有効な主成分として、

 

タマゴサミンではN-アセチルグルコサミン

 

皇潤ではヒアルロン酸

 

を配合しているといった違いがあります。

 

タマゴサミン、皇潤の重要な関節痛対策主成分を比較

グルコサミンや皇潤との比較

タマゴサミンのN-アセチルグルコサミンでは、体内への吸収効率が

 

普通のグルコサミンに比べて高い

 

ことが分かっています。

 

では、N-アセチルグルコサミンと皇潤に配合されている低分子化ヒアルロン酸ではどちらの方が吸収効率や関節痛への効果が優れているでしょうか?

 

結論としては、

 

タマゴサミンのN−アセチルグルコサミンの吸収効率の方が上

 

だと言えます。

 

低分子化ヒアルロン酸の方も普通のヒアルロン酸より吸収効率がいいのですが、ヒアルロン酸は、構成成分のグルクロン酸とN-アセチルグルコサミンに一度分解しないと体内へ吸収できません。

 

つまり、タマゴサミンでは始めからN-アセチルグルコサミンとして吸収できますが、皇潤の場合は一度ヒアルロン酸を分解してからでなければ吸収できない分、吸収効率が悪くなっています。

 

ですから、吸収効率で比較した場合タマゴサミンは

 

皇潤より関節痛対策に優れている

 

と言えます。

 

タマゴサミン、皇潤それぞれの成分配合量の比較はできない。

グルコサミンや皇潤との比較

次に重要なのが成分の配合量ということになります。

 

タマゴサミンでは成分の配合量がパッケージに書いてあるので分かりますが、

 

皇潤の方は配合量が記載されていません。

 

ですから、関節痛対策効果が総合的に優れているはどちらのサプリメントか、という比較はできないのです。

 

では、皇潤とタマゴサミンのどちらを選ぶのが賢明かといえば、それは

 

タマゴサミン

 

の方です。

 

高価な皇潤プレミアム

グルコサミンや皇潤との比較

どちらのサプリメントも似た成分を含んでいるのですが、

 

大きく異なっているのが価格

 

です。

 

タマゴサミンは皇潤に比べて

 

圧倒的に安価

 

なので利用しやすくなっています。

 

まず、皇潤プレミアムでは次のような価格設定になっています。

 

セット販売または定期コースを利用すれば確かに通常の購入よりは安く買えますが、それでもまだタマゴサミンに比べると随分高いことがわかります。

 

次にタマゴサミンですが、通常価格が1ヶ月分4,104円です。さらに定期購入にすれば、1ヶ月あたり3,694〜3,899円になり、

 

皇潤プレミアムの半額以下の料金

 

で利用ができるのです。

 

含まれている成分に大差がないのなら、利用に際して経済的な方を採りたくなるのが人情というものです。

 

タマゴサミンが最終的にはお勧め

グルコサミンや皇潤との比較

タマゴサミンか皇潤のいずれかから選ぶのであれば、

 

タマゴサミンの方をお勧め

 

します。

 

というのは、成分配合量が未記載の場合、配合を謳っているものの実際の配合量が少ないという場合がサプリメントには往々にしてあるからです。

 

もし、

 

成分が配合されていてもその量が少なければ

 

、残念ですが期待どおりの効果は実感できません。

 

ただ、数ヵ月間タマゴサミンを試してみたがいまいち実感できないということなら、皇潤も試してみるのが良いかと思います。

 

タマゴサミンがグルコサミンと決定的に違う点は?

グルコサミンや皇潤との比較

グルコサミンが軟骨のようにクッションの役割を持つ組織に含まれる成分なのに対して、タマゴサミン中に含まれるiHA(アイハ)は、

 

クッションの成分そのものを作るサポート

 

をしてくれます。

 

実際のクッションを例にとって分かりやすく言えば、羊毛や羽毛といった材料にあたるのがグルコサミンで、タマゴサミンに含まれるiHAはその材料をもとにしてクッションを製造する工場といったところです。

 

材料は確かに大切ですが、材料を活用する機械や工場設備がなければ製品を作ることはできません。

 

一種のアミノ糖であるグルコサミンは、本来人間の体内に存在しているものなのです。

 

加齢に伴って減少していきますが、

 

高齢になってもゼロになるわけではありません。

 

iHAは、減っていくクッションの成分が少なくならないように補充してくれるので注目されるわけです。